歯周病ってなに???|広島市の歯医者|審美歯科・ホワイトニング・インプラント・精密根管治療・ダイレクトボンディングなど納得できる歯科治療を提供

ごこちデンタルクリニック

広島市中区小町3-22 マスダビル3F

  • 0120267600
image
スタッフブログ

歯周病ってなに???

スタッフブログ 

歯周病は、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)によって引き起こされる、歯茎の病気です。

歯と歯茎の境目についた歯垢から、歯の根に沿って歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。

統計によると35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

しかし35歳になってから突然歯周病になるわけではありません。

実は10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をじわじわとゆっくり侵し、

歯茎から血が出るという自覚症状がでる30代頃にはもはや、歯肉炎、歯周炎になっているということも少なくありません。

歯周病の進行段階は大きく分けて『歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎』と4段階に分けられます。

ほとんどの人は【歯肉から血が出る】といった自覚症状を感じてから初めて歯科医院を受診しますが、

このような症状があるときには、かなり悪化した状態なのです。

ついつい放置して、歯周病が悪化してしまうと、場合によっては歯を抜かなくてはならないこともあります。

50代で、〖自分の歯がほとんど無い〗ということにならないよう、日頃から歯周病の予防をぜひ心がけましょう

 

ページトップへ戻る