バイオフィルムって・・・???|広島市の歯医者|審美歯科・ホワイトニング・インプラント・精密根管治療・ダイレクトボンディングなど納得できる歯科治療を提供

ごこちデンタルクリニック

広島市中区小町3-22 マスダビル3F

  • 0120267600
image
スタッフブログ

バイオフィルムって・・・???

スタッフブログ 

バイオフィルムって何?

バイオフィルムは複数の細菌が集まって形成される粘性のある膜で、単体の細菌とは全く異なる性質を示します。バイオフィルムは自然界のいたるところで見ることが出来ます。身近なところでは、台所の流しにある三角コーナーを汚れたまましばらく放っておくと、周囲にヌルヌルしたものが付着しますが、これもバイオフィルムです。これらすべて水中で細菌が繁殖しバイオフィルムを形成したもので、水に洗い流しただけでは取れず、こすり洗いをしてようやく取り除けるほど強固に付着しています。

細菌の繁殖したものなら薬で抑えられるのでは?

バイオフィルムの中には種類の異なる細菌の塊が存在し、それぞれの細菌が微妙なバランスで共存しています。バイオフィルム内の細菌はのびのびと育った単体の細菌とは異なり、限られた栄養、他菌種との共同生活といった環境下にあるため、単体の細菌には見られないタンパク質を作るなどの、細菌の持つ性質が変化変異していきます。そのため、抗菌剤や抗生物質などの薬剤が効きにくい環境となるのです。

口の中のバイオフィルムはどこにあるの?

代表的なものは、歯面に付着している歯垢です。約400種類の細菌によってバイオフィルムを形成しています。歯を磨かずにいると、歯の表面がヌルヌルしてきて、うがいぐらいではなかなか取れないですよね。歯ブラシで磨き落とすとスッキリします。しかし、歯と歯の間や歯と歯茎の境目のポケット内の歯垢は歯ブラシだけでは取り除くことが出来ません。

どのようにして歯周病の原因バイオフィルムを除去すればよいの?

バイオフィルムは約2ヵ月で新たに形成し始めます。家庭でできるセルフケアでは、ブラッシングをきちんとすることで、歯ブラシの毛先でバイオフィルムを除去することが出来ます。ブラッシングでは届かない歯と歯の間のポケット内のバイオフィルムの除去は、歯科医院でのプロフェッショナルケア(PMTCなど)が必要となります。

ページトップへ戻る