症例|広島市の歯医者|審美歯科をはじめ納得できる歯科治療を提供

ごこちデンタルクリニック

広島市中区小町3-22 マスダビル3F

  • 0120267600
image
症例 

臼歯部縁下カリエスに対して臨床歯冠長延長術を行い生物学的幅径...

審美(セラミック)治療 

主訴:左下の歯茎が痛い 腫れている 術前の口腔内写真において、黄色矢印部の歯肉には炎症が起き、歯茎が腫れている状態でした。レントゲンの赤印部には歯と被せ物の隙間が見られます、 歯茎の下まで虫歯になり、また不適合な補綴物(被せ物)が装着されていて、正常な歯肉の状態(生物学的幅径)を確保できていない状...
> 続きはこちら

正中離開および矮小歯に対してダイレクトボンディング法にて審美...

ダイレクトボンディングホワイトニング 

主訴:前歯の隙間が気になる   術前の状態です。前歯の間に比較的広い隙間が見られます。また前から2番目の歯は矮小歯といって、元々の歯のサイズが小さくなっていました。 矯正治療を行い、歯を整直した後にセラミッククラウンにて補綴治療もしくはラミネートべニア修復を行うという治療法も考案致しまし...
> 続きはこちら

歯周病による臼歯部垂直性骨欠損に対して歯周組織再生療法を行っ...

歯周病治療 

40代男性 主訴:歯茎から血が出る 初診時 レントゲン診査において青矢印部分には歯周病により、歯槽骨に垂直性の骨吸収像を認めました。 また歯周組織検査(歯周ポケットの深さの検査)において4-8㎜の深い歯周ポケットを認め、歯茎が腫れて出血しやすい状態でした。 CBCT像(3Dレントゲン診査)におい...
> 続きはこちら

上顎中切歯の抜歯後にジルコニアオールセラミックブリッジにて補...

審美(セラミック)治療 

30代女性 前歯が揺れていて痛い 黄色矢印部分の歯は事故による打撲のため歯根破折を起こしており、抜歯の診断となりました。 抜歯を行うと、歯を支えていた周囲の歯槽骨や歯肉が退縮し、審美性や補綴修復後の清掃性に支障をきたす可能性があります。そこで本症例においては、なるべく歯槽骨や歯肉が退縮しないよう...
> 続きはこちら

ページトップへ戻る