症例|広島市の歯医者|審美歯科をはじめ納得できる歯科治療を提供

ごこちデンタルクリニック

広島市中区小町3-22 マスダビル3F

  • 0120267600
image
症例 

大臼歯部インプラント症例

インプラント審美(セラミック)治療 

60代男性 主訴:奥歯が噛むと痛む 青矢印部の歯は残念ながら歯肉縁下カリエスと歯根破折(歯が割れている)のため抜歯と診断されました。抜歯後歯を入れる方法として、部分義歯もしくはインプラントが挙げられます。 周囲の歯の咬合負担軽減と審美性・機能性を優先し、インプラントによる欠損補綴を行うこととしま...
> 続きはこちら

歯冠破折した前歯に対して臨床歯冠長延長術(クラウンレングスニ...

審美(セラミック)治療 

40代女性 主訴:前歯がグラグラしている 青矢印の歯は歯冠破折(歯が折れている)のため動揺していました。 右のスライドは折れた歯を除去した状態です。 幸い、根の先の方までは折れていなかったため、臨床歯冠長延長術(クラウンレングスニンング)を行い、健全歯質を確保した後、補綴修復処置(被せ物を入れる)...
> 続きはこちら

歯根破折歯に対して抜歯即時インプラント埋入を行った症例

インプラント審美(セラミック)治療 

40代女性 主訴:右上奥歯が腫れて痛い時がある 青矢印の歯は残念ながら歯根破折(歯の根が折れている状態)のため抜歯と診断されました。 抜歯後歯を入れる処置として、ブリッジもしくはインプラントが挙げられます。 ブリッジを選択した場合両隣在歯を削ることとなり、健全歯質のダメージは避けられません。 本症...
> 続きはこちら

正中離開(すきっ歯)に対してダイレクトボンディングにて対応し...

ダイレクトボンディング 

20代男性 主訴:前歯の隙間が気になる 術前 術後   術前正面観では上顎の中切歯間に間隙(すきっ歯)を認めます。ある調査によると、日本人の約7%程度前歯部の歯間離開が存在していることが記されています。矯正治療による空隙の閉鎖が第一選択になるかと思いますが、仕事の都合上ブラケット(矯正...
> 続きはこちら

ページトップへ戻る