セラミッククラウン 前歯部|広島市の歯医者|審美歯科をはじめ納得できる歯科治療を提供

ごこちデンタルクリニック

広島市中区小町3-22 マスダビル3F

  • 0120267600
image
症例 

セラミッククラウン 前歯部

審美(セラミック)治療 

50代女性

主訴:前歯の色と形が気になる

術前

補綴物(かぶせもの)の辺縁歯肉が退縮し、歯根が露出しています。硬質レジン前装冠(健康保険適用)は生体親和性が低く、歯肉と調和することはありません。また材質自体もあまり良いとは言えず、吸水することで材質は劣化し変色を起こすこともあります。

術後

メタルセラミッククラウン装着後3年後の状態です。

セラミックは生体親和性が高く、またプラーク(歯垢)やステインが付着しにくく、歯肉に炎症を起こしにくい素材になっています。

前歯の見た目や色でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

広島市中区の歯科

ごこちデンタルクリニック

 

 

ページトップへ戻る