正中離開および矮小歯に対してダイレクトボンディング法にて審美的改善を行った症例|広島市の歯医者|審美歯科をはじめ納得できる歯科治療を提供

ごこちデンタルクリニック

広島市中区小町3-22 マスダビル3F

  • 0120267600
image
症例 

正中離開および矮小歯に対してダイレクトボンディング法にて審美的改善を行った症例

ダイレクトボンディングホワイトニング 

主訴:前歯の隙間が気になる

 

術前の状態です。前歯の間に比較的広い隙間が見られます。また前から2番目の歯は矮小歯といって、元々の歯のサイズが小さくなっていました。

矯正治療を行い、歯を整直した後にセラミッククラウンにて補綴治療もしくはラミネートべニア修復を行うという治療法も考案致しましたが、

時間的、経済的制約がおありでしたので、

コンポジットレジンによるダイレクトボンディング法にて審美的な改善を目指すこととしました。

術前に歯の色調改善のため、オフィスホワイトニングにて漂泊をしています。

診断用ワックスアップにて術後のシミュレーションを行い、審美的にも機能的(清掃性や咬合)に大きく問題がないことを確認し、

ラバーダム防湿下において口腔内にて直接、高機能樹脂(コンポジットレジン)を築盛し、形態の改善を行いました。

術前と比較して自然感のある口元にすることが出来ました。

すきッ歯や歯の色や形でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

治療費用

オフィスホワイトニング 33000円(税込)

ダイレクトボンディング法(前歯部)55000円(税込)/ 一歯

合計 253,000円

施術時間

オフィスホワイトニング 約60分/一回

ダイレクトボンディング法 約120分

 

広島市中区の歯科

ごこちデンタルクリニック

 

ページトップへ戻る