歯根破折歯に対して抜歯即時インプラント埋入を行った症例|広島市の歯医者|審美歯科をはじめ納得できる歯科治療を提供

ごこちデンタルクリニック

広島市中区小町3-22 マスダビル3F

  • 0120267600
image
症例 

歯根破折歯に対して抜歯即時インプラント埋入を行った症例

インプラント審美(セラミック)治療 

40代女性

主訴:右上奥歯が腫れて痛い時がある

青矢印の歯は残念ながら歯根破折(歯の根が折れている状態)のため抜歯と診断されました。

抜歯後歯を入れる処置として、ブリッジもしくはインプラントが挙げられます。

ブリッジを選択した場合両隣在歯を削ることとなり、健全歯質のダメージは避けられません。

本症例はインプラントによる補綴修復を行うこととしました。

CBCT(3Dレントゲン)上でシミュレーションを行ったところ、既存の骨の状態が良好であると判断し、抜歯即時埋入(抜歯と同時にインプラントを埋入する)を行うこととしました。

既存骨に極力ダメージを与えないよう慎重に割れた歯を抜き、インプラント体を目的位置に埋入します。空いた隙間には骨補填材を填入し、メンブレン(保護膜)を置き、縫合固定を行いました。

歯肉弁を剥離しないため、術後にほとんど痛みや腫れはありません。

約4ヶ月後に2回目の手術を行った後、型取りし、セラミッククラウンにて被せ物を入れています。

青矢印部はインプラントです。

両隣在の歯を削ることなく、また比較的短期間に噛み合わせと審美性を確保することができました。

インプラント治療をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

治療費用 405,000円~/本

広島市中区の歯科医院

ごこちデンタルクリニック

この症例は自由診療によるものですが、当院では保険診療も行っております。どうぞお気軽にお声掛けください。なお全ての症例が同じような結果になるとは限りません。治療前の病状によって術後の結果も変わりますので、何か気になる点が御座いましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る