自家歯牙移植(親知らずの移植)|広島市の歯医者|審美歯科・ホワイトニング・インプラント・精密根管治療・ダイレクトボンディングなど納得できる歯科治療を提供

ごこちデンタルクリニック

広島市中区小町3-22 マスダビル3F

  • 0120267600
image
症例 

自家歯牙移植(親知らずの移植)

親知らず 

30代女性

主訴:左下奥歯が痛い

矢印部の奥歯は骨縁下カリエス(歯茎の下の方まで虫歯になっている)のため

抜歯と診断しましたが、その奥にある水平埋伏智歯(親知らず)を抜歯と同時に移植(自家歯牙移植)を行う計画を立てました。

CT画像上で診断を行い、

抜歯と同時に親知らずを同部位に移植し、ジルコニアクラウンにて補綴修復を行っております。

矢印の歯が移植された歯です。移植後3年ですが問題なく機能しています。

症例は限定されますが、歯を失ったときの一つの選択肢として自家歯牙移植という方法もあります。

広島市中区の歯科医院

ごこちデンタルクリニック

ページトップへ戻る