ホワイトニング|広島市の歯医者|審美歯科・ホワイトニング・インプラント・精密根管治療・ダイレクトボンディングなど納得できる歯科治療を提供

ごこちデンタルクリニック

広島市中区小町3-22 マスダビル3F

  • 0120267600
image
ホワイトニング

オフィスホワイトニングについて

≪ ホワイトニングの無料相談実施中!! ≫

ただいまホワイトニングコーディネーターによる無料カウンセリングを実施しております。
歯の色でお悩みの方は、この機会にお気軽にご相談くだささい。

オフィスホワイトニング(歯科医院で施術)

image

オフィスホワイトニングは歯科クリニックにて行われるホワイトニングの事で、ホワイトニング剤に光を照射して短期間で治療が済み、いち早く効果が実感できるというのが特徴です。なお、最近では、正面から見える歯を全部(上6~8本、下8~10本)を 一度に照射できるライトが主流です。

オフィスホワイトニングは全て同じと思っていませんか?

オフィスホワイトニングではホワイトニング剤の効果を高めるため「ライト」を使用します。このライトにはいくつもの種類がありますが、中には危険なものや効果の低いものもあり、全く予備知識のない状態でクリニックへ駆け込むのは無謀だと言っても過言ではありません。

ホワイトニングに用いられる様々なライト

image

当クリニックでは歯科クリニックで行う
ホワイトニング・システムとして日本でNo.1の導入実績をもつビヨンドライトホワイトニングを採用しています。光を利用することで短時間で効果の高いホワイトニングを行います。
参考文献:輸入元:㈱JBA ビヨンド

効率の悪いライト:従来のライト

ホワイトニングに使用するライトとして、従来は主に「詰め物」を固める為に用いられる光を使用していました。こちらは、1つ1つの歯しか光を当てることができず、非常に時間がかかり非効率的です。また、1つの歯に約30分という長時間光を当てると、18本の歯にホワイトニングをする場合、9時間もかかる計算になり、物理的に光を当てる時間が短くなり、効果も激減します。

危険なライト:紫外線

「紫外線」は、非常に強い熱を出し、UVも発生します。歯の神経は、特に熱に弱く、長時間熱を与えると歯の神経に損傷を与えます。また、日本人は体質的にメラニンが多いのでUVを含んだ紫外線を当てることにより、メラニン色素沈着が発生するリスクも高まります。これを少しでも抑えるためには非常に大変な防御をしないといけません。 歯が熱い!と感じたら要注意です。

効果の低いライト:LED

「LED」は、サイズがコンパクトなことで最近非常に多くの場所で使用されています。LEDは発熱も少ないので安全ですが、これはライトのパワーが弱いためです。当然、弱いパワーはホワイトニング効果に影響します。

安全かつシンプルなライト:ビヨンドライト

ビヨンドライトは、パワーの強いハロゲン光を使用しており、特許取得済みの特別なフィルターで、この強いパワーを維持しつつ、熱を抑制していますので、非常に安全です。 ビヨンドライトを用いると、マウスピースを口に装着するだけで簡単にホワイトニングにのぞめます。当院ではこの、ビヨンドライトのホワイトニング機器を使用しています。

ビヨンドオフィスホワイトニングの流れ

image

オフィスホワイトニングの料金については「治療費一覧」をご覧ください。
ご不明な点は窓口・お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい!

ホワイトニングの施術例

image
BEFORE

arrowarrow
image
AFTER

image
BEFORE

arrowarrow
image
AFTER

その他の症例はこちらへ

ホワイトニングのよくある質問

ホワイトニングのQ&A

Q.
「歯磨き」では白くなりますか?
A.
その日の汚れはその日に除去することで常に汚れをためないことが必要になりますが、ただ歯磨きだけでは歯の表面を除去するだけです。
歯の着色は、歯の中にまで浸みこんでいますので、ホワイトニングが必要です。
Q.
ホワイトニングは本当に安全ですか?
A.
過酸化水素を使用するホワイトニングでは歯は悪くなりません。しかし、ホワイトニングで使用する「ライト」からでる熱や紫外線(UV)が歯や皮膚に悪い影響を与えます。
ビヨンドライトは熱を特殊フィルターによって完全にカットしているため、発熱もほとんどないので安全です。
Q.
どうして白くなるのですか?削ったり、溶かしているのですか?
A.
決して削ったり、溶かしているわけではございません。歯に付着した着色物質のみを分解しているので何度行っても大丈夫です。ご安心ください。
A.
回答
Q.
どんな人・歯でもできますか?
A.
ホワイトニングはエナメル質に付着した着色物質を分解するため、健全なエナメル質の歯に限ります。
そのため、人工の歯には効果の期待はできません。また大きな虫歯がある場合は先に治療することをお勧めしています。
その他、エナメル質形成不全はできませんのでご注意ください。また、禁忌は無カタラーゼ、妊娠中、授乳中になります。
Q.
痛みはありますか?
A.
個人差はありますが、一時的に「疼痛感」が出ます。しかしこの痛みは24時間以内には治まり、歯には全く影響がありませんのでご安心ください。
歯のホワイトニング剤の主成分、過酸化水素が歯の着色物質を化学分解する際に歯の中の水分バランスが崩れ、一時的に脱水状態になると考えられています。この脱水症状が痛みの原因となります。
症状は歯の水分状態などにより人それぞれ異なりますが、唾液などから水分が補給されるとすぐに元に戻りますので、全く心配はありません。
Q.
どのくらい白くなりますか?
A.
歯の色は必ず改善されます。しかし、すべての人が同様に白くなるとは限りません。1回で白くなる人もいれば、何度か行う必要がある方もいます。歯の状態・生活習慣等により、効果が異なってきます。
また、効果があるのは天然の健全な歯のみで、人工の歯には効果はあまり期待できません。満足度も個人差がありますので、ご自分がどの位の白さにしたいのかエンドポイントを決め、期間や回数などを歯科医師へご相談ください。
Q.
どのくらい長持ちしますか?
A.
初めてのホワイトニング後は、どんなにきれいになっても短期間(約1週間)で着色しやすく、その後もう1回ホワイトニングをすることで長持ちしますので、複数回(2回以上)のホワイトニングをおすすめします。
その後のホワイトニングは、白さを保つため、更に白くしたいなどそれぞれのご希望に合わせ行ってください。日常の食事で色の濃いものを好んで食べる方や喫煙の方は再着色しやすいため、白さを保つ期間は短くなります。日常の歯磨きに専用歯磨剤(シルクホワイト)をお使いいただくことをおすすめします。
その日の汚れはその日のうちに除去し、白さを保つようにすることにより、白さを維持することができるのです。
Q.
ホワイトニング前後のケアを教えてください。
A.
口腔内の環境を整えておくことが必要です。
あまりにも歯石がたまっているようでしたら、せっかくのホワイトニングの効果も半減してしまいますので、最良の状態を保つことが必要だと考えます。
ホワイトニング後は、痛みがでやすいのです。これは脱水症状によるものですので、水分を多く取っていただくことで緩和されます。

せっかくホワイトニングした歯に再着色しないように少しでも維持するようにしていくのは、口腔内の環境を正常に保つよう日常歯磨きにシルクホワイトをご使用いただくことをおすすめします。
ホワイトニングの効果は、その方の歯質・歯の状態・生活習慣等により、大きく異なります。まず、術前に診断を受けていただき、歯質や歯の状態を調べて、ご自身の目標となる設定してください。
歯質や歯の状態によっては、ホワイトニングだけではご希望の色にならないことがありますが、ホワイトニング以外の方法で色を改善することができますので、歯科医師にご相談されるといいでしょう。

Q.
料金はどれくらいですか?
A.
ビヨンドは、美容院に行く感覚でホワイトニングも行ってもらいたいことから、料金も美容院の料金に近い金額で設定をさせていただいております。初回の方は 2回セットで32,400円です。
Q.
最近エステで出来るホワイトニングがあるのですが、何が違うのでしょうか?
A.
日本ではホワイトニングは医療行為ですので、歯科クリニックでしかできません。歯科クリニック以外で行うホワイトニングでは、薬用成分が使用できませんので、効果はほとんど期待できません。
Q.
ビヨンドホワイトニングと他のホワイトニングでは、どこが違うのですか?
A.
まず、ビヨンドホワイトニングは日本人の歯質に合うように、安全面を最重視して設計されています。そして、最大の効果が期待できるようなシステムです。
ホワイトニングを歯科クリニックで受けられる際は、下記の点をご確認されるとよいでしょう。

・使用する「光」はLEDですか?(LEDは光量が少ないので、あまり効果がありません)
・使用する「光」は、100%紫外線をカットしていますか?
・使用する「光」は、強い熱がでますか?
・ホワイトニング材の過酸化水素の濃度は何%ですか?(高い方が効果がでます)

ページトップへ戻る