虫歯になりにくい食べ方|広島市の歯医者|審美歯科・ホワイトニング・インプラント・精密根管治療・ダイレクトボンディングなど納得できる歯科治療を提供

ごこちデンタルクリニック

広島市中区小町3-22 マスダビル3F

  • 0120267600
image
スタッフブログ

虫歯になりにくい食べ方

スタッフブログ 

甘いものだけが虫歯を作るわけではない

糖質は、三大栄養素のひとつであり、私たちの体作る大切な栄養素ですが、砂糖に限らず、ごはんやパンなどをはじめ様々な食品に含まれています。

多くの細菌はこれらの糖質を栄養分として、酸を作りだします。中でも砂糖(ショ糖)は最近の酸産生という要素に加え、ミュータンスレンサ球菌によって作られるプラークのベースとなるネバネバした物質(不溶性グルカン)のもととなることから、古くから虫歯の原因として考えられてきました。

砂糖は量より食べる頻度が問題

私たちが食事するたびに、細菌が酸を作り出すので口の中は酸性の環境になります。

飲食の回数が多いほど、口の中が酸性になっている時間が長くなります。ですので、重要な事は食べる量より、食べる回数が問題となってきます。

ページトップへ戻る